加圧トレーニングが生まれたきっかけとは?

加圧トレーニングが生まれたきっかけとは?

トレーニングにもいろんな種類がありますが、身体を鍛える方法はいったいどんなきっかけで考案されるものなのでしょうか。

人体の仕組みについて、専門的なことを学んで、知識からトレーニング方法を生み出す人もいるでしょうし、なんらかのきっかけで、「こういったことをするとよりよく身体を鍛えることができるのではないか」と閃く人もいるでしょう。

加圧トレーニングは、どうやら後者のパターンで作られていった方法のようです。

ときどき、正座をしなくてはならない場面があると思いますが、長時間正座をしていたら痺れてきてしまいますよね。

その痺れをなんとか取り除くためにマッサージをしようとふくらはぎを触ってみると、そのふくらはぎの張った状態が、厳しい運動で追い込みをかけたときの状態と似ているらしいのです。

血流をわざと悪くすることで、筋肉がきつい運動を長時間を行った状態になるのではないかと考えられたわけです。

そこから試行錯誤を積み重ね、加圧トレーニングが生み出されたようです。

加圧トレーニングを指導するための資格

ジムなどトレーニング施設に行くと、安全に器具を使用したり、身体を動かすための方法を指導するインストラクターがいます。

トレーニング方法も、ダイエット目的なのか、身体を鍛えたい、なんらかのスポーツの分野で成績を伸ばしたいという目的なのか、目的の違いでも異なってきますし、個人個人の身体の状態などでも異なってきます。

個人の要望や状態をカウンセリングしながら、適切な運動方法をアドバイスするのがインストラクターの仕事といえるでしょう。

誤った身体の動かし方で運動してしまうと、効果が望めないうえに、身体によくないこともあります。

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングは、血液の流れをコントロールしながら運動を行うことになるので、正しい知識ややり方を習得しているインストラクターが必要になります。

そこで、加圧トレーニングを指導するためには、その専門の資格が必要になります。

資格は定期的に更新していかなければならず、資格取得後に、講習会なども定期的に参加する必要があるようです。